家屋の窓に使用されるガラスは、やはり一般的には透明なタイプの物が多いと思います。ですが外からの視線が気になる場所に設置されている窓に使用するなら、曇りガラスが一般的でしょう。現代の技術で作られるクリアガラスは非常に透明度が高く、ガラス越しの風景も鮮明に見えます。透明度を求める場合はクリアガラスが適していますが、必ずしもよく見えるガラスだけが求められるというわけではありません。視線を遮ることを目的としてガラスが使用されることもあるのです。家屋の窓の場合、たとえばトイレや浴室の窓には曇りガラスが使用されるのが普通です。住宅が密集している地域なら、全ての窓に曇りガラスを用いるのも効果的でしょう。曇りガラスはクリアガラスに比べると若干採光は劣りますが、ある程度の光を通してくれます。その為、視線を遮ることと光を通すことを程よく両立することができる合理的なガラスだと言えるのです。住宅の窓ガラスは、知識があれば自分で変えることもできます。しかし、知識がない方はリフォーム業者などに頼んでガラスの種類を取り換えて貰うようにしましょう。東京 ガラス屋